コロナ禍を乗り切るランニング|走りながら運命の相手と出会える!ランニング・ランニング婚活のポータルサイト「ランニング婚活(ラン婚)」

HOME ランニングパーティ・ランニングにお役立ち 豆知識 for Runners コロナ禍を乗り切るランニング

豆知識 for Runners コロナ禍を乗り切るランニング

コロナ禍を乗り切るランニング新型コロナウィルス感染拡大の影響で昨今は不要不急の外出を控えたり、在宅ワークがメインになり自宅にこもっていることが多くなった方も多いのではないでしょうか。 おこもり中のなまった体を動かしたい、普段通りトレーニングしたい、といった方向けに今回はコロナ禍の自粛期間中におけるランニングにスポットを当ててご紹介しましょう。

三密にならないことが一番大切

自分がコロナに感染しているかは無自覚の場合が多いので、もしかしたら感染しているかもしれないという前提で行動し、他者に感染させない、感染者を増やさない努力をすることが重要です。
そのためにも三密(密閉・密集・密接)を避けることがポイントになります。
一番良いのは外出をせずに自宅でランニングマシーンなどを使ってトレーニングをすることですが、誰しもがそのような環境であるかはまた別問題ですよね。
状況を見つつではありますが、気分転換に外をどうしても走りたいときには必ずマスクをして、人が集まりにくい場所と時間を選びましょう。

屋外の場合具体的にいつ、どこが適切か

時間でいうなら総長がベストです。朝は眠気覚ましにもなり頭もすっきり、適度な運動は一日のスタートのエンジンとしては最適です。
ポイントは疲れすぎないように、少し物足りないぐらいで終わらせておくことです。
場所は公園のランニングコースや河川敷きなど屋外の場合なるべく自宅の近隣で風通しが良く、空気のこもらない場所を選びましょう。

スポーツジムを利用する

現在営業を通常通り行っているスポーツジムは少ないかも知れませんが、受け入れ人数を絞ってソーシャルディスタンスや消毒をこまめに行うことで営業をし始めているところもあります。
多くの場合過密にならないために利用枠の予約をしていますのであらかじめ電話で自分がトレーニングしたい時間に他の人がどれぐらいいるか、また人数が多すぎるように感じたなら人が少ない時間帯を教えてもらうなどしてスポーツジムのランニングマシーンなどを使用しましょう。

この時期だから余計気を付けたいこと

コロナ感染予防にマスクをされている方は多いと思いますが、ランニング中呼吸が苦しくなってきたら適度に外しましょう。
マスクは人が過密する場所でなければしなくても基本は大丈夫です。
また、水分摂取をいつも以上に心がけて熱中症を防ぐことも重要です。

現在募集中の
ランニングパーティー
スケジュールはこちら
Pマーク
ページトップ